女性には気になる妊娠線はクリームで簡単に消せる

妊婦

原因は皮膚の奥にあります

ウーマン

皮膚の内側を守ろう

妊娠経験がないときに「妊娠線」と聞いても、あまりイメージがわかないかもしれません。しかしお腹のふくらみと肌の乾燥、またホルモンバランスの変化が原因で引き起こされる妊娠線のトラブルは、多くの妊婦さんが直面する問題でもあります。どれくらいひどいのかという点には個人差がありますが、「もう人には見せられないお腹になってしまった」と感じる女性も多くいます。妊娠線ができるメカニズムは、急激に大きくなるお腹に、皮膚の組織がついていけず、裂けてしまうことです。皮膚の表面はある程度伸びるようにできていますが、その奥の真皮や皮下組織は、引っ張られると断裂してしまいます。これが皮膚の表面からも透けて見え、模様のようになってしまいます。妊娠線ができるのを避けるためには、この真皮や皮下組織の断裂を防ぐ必要があるのです。断裂を避けるためのコツは、できるだけゆっくりとお腹を大きくすることです。また乾燥すると肌のダメージは大きくなってしまいますから、常に保湿された状態を保つことも大切です。そのために、体重管理や適切な化粧品を使ってケアすることを試みてください。特に化粧品については、コラーゲンやプラセンタの他、保湿効果が高いものを選ぶのがオススメです。クリームやオイルがありますが、使い心地に差があるので、好みのものを選択すると良いでしょう。少しできてしまうと、たった数時間でお腹全体に妊娠線が広がってしまうケースもあります。「これだ」と思うアイテムを見つけたら、こまめなケアを実践してください。