女性には気になる妊娠線はクリームで簡単に消せる

ウエスト

原因は皮膚の奥にあります

妊娠線のせいで、自分の身体に自信を持てない女性は多くいます。妊娠線は、皮膚の奥の真皮や皮下組織が裂けることで引き起こされるトラブルです。急激な体重増加を避けたり、しっかりと保湿をすることでリスクを低くできます。

完全に消えない

ウエスト

事前に対策を打とう

妊娠線とは、急激に大きくなったお腹に皮膚が耐えられなくなり、亀裂が入ってしまう事を指します。一度出来てしまいますと、どれだけクリームやオイルを塗って治そうとしましても、完全に妊娠線が消える事はありませんので、妊娠中に対策を打つ必要があります。妊娠線は、お腹だけではなく、お尻やふともも、二の腕や膝の裏など、実は色んな箇所に出来る可能性があります。つまり、お腹の周りだけにクリームやオイルを塗っても、他の個所で妊娠線が出来てしまう恐れもあるんです。早い人ですと、妊娠4ヵ月程度から出来てしまう人もいます。お腹が大きくなったら対策をすれば良いかなと考えるのではなく、出来る限り早い段階から対策を打つようにしましょう。妊娠線は、元々太っている人や妊娠中に急激に体重が増えてしまった人、双子など多胎児妊娠をしている人に起こりやすく、また、肌にうるおいがあまりない、乾燥肌の人もなりやすいと言われています。妊娠線専用のクリームを購入する際には、保湿効果が高いものを購入するようにしましょう。そして、お風呂あがりの肌がキレイな時に塗るようにして、下から上に向かってクリームを塗るようにして下さい。お腹全体を包み込むようにして、保湿をしてあげる事が大切です。また、良く伸びて指通りが良く、滑らかなクリームを使用すれば、皮膚に余計な刺激を与える事も無く、妊娠線予防に最適だと言えるでしょう。万が一妊娠線が出来てしまい、それが原因で皮膚が痒くなった場合には、悪化する前に先生に相談をするようにして下さい。

大きくなったお腹には

妊婦さん

体にできる妊娠線を防ぎたいと考えるならば、専門の保湿クリームを購入しましょう。特に乾燥肌の方は妊娠線ができる可能性が高いので、一般的な製品よりも保湿力が高い、妊娠線専用のクリームを購入することをオススメします。

ケアの頻度にも気を付けて

妊婦

妊娠線の原因は乾燥とお腹のふくらみによる皮膚の割れです。妊娠初期から中期にかけては一日に一回から二回ほど、お腹が大きくなる妊娠後期には、五回から六回ほどのケアをするのがオススメです。じっくりと保湿してください。